GLP-1 ダイエット

GLP-1 ダイエットとは

GLP-1は食事を摂ると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促す働きがあるホルモンの1つです。GLP-1には血糖値のコントロールと食欲を抑制するはたらきがあり、別名「痩せるホルモン」と呼ばれています。

GLP-1は、血糖が高くなった時のみインスリン分泌を促し、逆に血糖が低くなると血糖が下がりすぎないように調節してくれる作用があります。

GLP-1の分泌量には個人差があり、分泌量が少ない人は太りやすく、分泌量が多い人は痩せやすいというように体質にも影響をもたらしているのです。


GLP-1 ダイエットはこんな方におすすめ!

  • 食事制限したくない
  • 運動が苦手
  • リバウンドしたくない

GLP-1 ダイエットの特徴

GLP-1 ダイエットはこんな方におすすめ!


なぜGLP-1はダイエットに効果があるの?


GLP-1はインスリンを分泌して血糖を下げる働きがあると言いましたが、実はインスリンには脂肪細胞の糖の取り込みを促進し、脂肪を増やしてしまう働きがあります。なのでインスリンを出したらダメじゃないかと思うかもしれませんが、GLP-1がダイエットに対して有効なのはもう一つ大事な働きがあるからです。


それは胃腸や脳に働きかけて満腹感を得たり、食欲を抑制したりすることができるということです。

この作用によりGLP-1で食事量を制限できるため、ダイエット効果があると言われています。

GLP-1ダイエットはストレスが少ない

ダイエットを行う際、最も辛いのが食事制限。GLP-1は注射を行うだけで食欲を抑えることができるため、ストレスの少ないダイエット方法と言えます。

後述しますが副作用も比較的少なく、注射時の痛みもほとんど心配ありません。この点からも低侵襲なダイエット法と考えられます。

GLP-1における注入時の痛み

GLP-1ダイエットを始めたいと考えている方の中には、「注射が怖い」「痛そう」と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

痛みの感じ方には個人差がありますが、「痛みはほぼ感じなかった」「痛みを覚悟していたが拍子抜けした」と感想を述べられた方が大勢いらっしゃいます 

GLP-1専用の注射針は、採血や予防接種で用いられる針よりも細いことが特徴です。


副作用・リスク

GLP-1ダイエットでは、次のような副作用が現れることもあります。

便秘、軽い吐き気5%以上)
お腹が張る、食欲が減る1%以上)
倦怠感、頭痛など1%未満)

低血糖は頻度不明の副作用であり、稀な副作用と言えます。
万が一、ふらつきや冷や汗など、低血糖症状が出た場合は速やかに糖分を摂取しましょう。その際は吸収が緩やかなチョコレートなどではなく、飴や黒糖などを摂ることをお勧めします。
GLP-1の副作用で頻度が高いのが、胃もたれ感や胸やけ感です。治療を開始して日が浅いうち、または薬液量を増量した際にこのような症状が出ることが多いようです。

料金

GLP-1 注射 (お試し)
25800
1本
¥29,800
2本
¥55,600
3本
¥80,400

  1. GLP-1 ダイエット

    GLP-1は食事を摂ると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促す働きがあるホルモンの1つです。GLP-1には血糖値のコントロールと…

  2. 脂肪溶解注射

    Kabelline(カベリン)は、お顔や体の脂肪を減らす脂肪溶解注射です。 脂肪分解成分5000倍!(BNLSneo対比) …

  3. ヴィーナスレガシー

    ヴィーナスレガシーは、脂肪の減少と肌質の改善及び引き締め効果が期待できる医療痩身機器です。痩身機器と言っても様々な機器がありますが…

  4. ダイエット スカルプト

    医療用痩身マシンのダイエットスカルプトは、高密度焦点式電磁とスーパーマイクロ波の2つのエネルギーを同時に照射することで、筋肉の増加…

  5. ダイエット処方薬

    ゼニカル(オルリスタット) 効能:脂質の吸収抑制 飲み方:1日3回 1回1錠 ゼニ…